So-net無料ブログ作成
検索選択

ついに東北新幹線に「はやぶさ」がデビュー! [News]

2010年12月4日に八戸-新青森間が開通し、東京から新青森までの全区間がやっと開通した東北新幹線ですが、2011年3月5日の今日、待望の新しい新幹線車両の「はやぶさ」号がデビューしました。

最高時速は日本国内で一番速い速度の300km/h。東京から新青森の間を約3時間30分で結びます。


それにしてもJR東日本の新幹線ってこうも不格好な車両が多いのでしょうか?
以前、JR西日本で運行していた500系「のぞみ」やJR九州で運行している800系「つばめ」はスラッとした流線型ボディで格好いいといった感じなのに・・・(^_^;)

確か、以前なにかの雑誌で呼んだ記憶があるのですうが、あのスタイルになっているのは理由があって、一番の理由は『雪国を走るから』というような記事を見たことがありますが、それにしてももう少し格好良く出来なかったものかと思います。

でも、これでまた陸路での日本の北の端が近くなりました。鉄道というと、ゆっくりと陸路を進むというイメージがありますが、もうそんな時代も過去のものになってしまいました。

どんどん日本が(時間的に)狭くなって行きますね。
良くも悪しきも便利な時代になりました :-P

nice!(13)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 1

だったけ

JR東日本の新幹線はトンネル区間が多く、周囲に民家があるため「トンネル微気圧波」対策のためこのようなロングノーズになっているそうです。
はやぶさはE5系ですが、2012年度末に秋田新幹線用にE6系のミニ新幹線の運行が決まっています。
JR九州はデザイン的にがんばっているので、この春運行を開始するN700系「みずほ」「さくら」にはもう少しカラーリングがんばって欲しかったですね~。
by だったけ (2011-03-11 00:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。