So-net無料ブログ作成
検索選択

Discovery(OV-103)、宇宙へ [Science]

アメリカ東部時間15日午後7時43分(日本時間16日午前8時43分)、日本人初の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在に臨む若田光一さんを乗せたスペースシャトル「ディスカバリィ」(OV-103)が宇宙に向けて飛び立ちました。

延期に次ぐ延期で、つい先日も燃料漏れなどの問題が見つかり、いろいろと打ち上げが心配されましたが、なんとか今日の打ち上げに成功しましたね。

当事者や関係者もそうだと思いますが、僕もこの打ち上げ成功のニュースを見て、ホッとしています。

ところで、若田さんは1996年と2000年に宇宙飛行を行っていて、今回が3度目の宇宙滞在となります。
3回も宇宙へ行っているなんて凄いですね。
scn0903160852007-n2.jpg
今回、ミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者・MS)として搭乗する若田さんは、現在ISSに長期滞在中のサンドラ・マグナス宇宙飛行士と交代し、約3カ月間ISSに滞在することになります。

また、今回のシャトルの飛行では、ステーションの発電量増強に向け、4組目で最後となる大型太陽発電装置が設置されます。また、尿を飲料水として再利用するシステムの実験運用が行われ、水質に問題がないことが確認されれば、ステーションの定員が現在の3人から6人に増員されます。

若田光一さんの宇宙長期滞在で、日本の宇宙開発は本格的な有人活動の時代を迎えることとなります。この長期滞在で得られる運用や実験のノウハウは、月面探査など将来の有人計画の基盤づくりに役立つことになるからです。

以前の日本人飛行士は、実験担当の科学者としてシャトルに搭乗していました。・・・毛利さんや向井さんは科学者として搭乗していたんですね。

したがって若田さんがミッション・スペシャリストとして搭乗する前は、いわば「お客さん」の立場でした。1996年、初めて若田さんがシャトルの運用技術者として搭乗してからその役割が変わってきています。そして今回、アジアから初めて国際宇宙ステーション(ISS)の滞在要員となり、日本の役割は格段に増したことになります。

これから日本が宇宙開発にどのような形で貢献して行けるのか?・・・今回、若田さんの参加するミッションが楽しみですね。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 1

魔太郎

昨日の夜、TVでたけしが出ているNASAの歴史番組がありまして
アポロのころからの悲惨な事故などを見てますと、今回の打ち上げも
なんだか怖くなりましたが、成功!すばらしい。
by 魔太郎 (2009-03-17 23:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。