So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴールド・メダル [オリンピック]

遂にやりましたね・・・荒川静香選手が日本に朗報をもたらしてくれました。トリノオリンピックで日本は1個もメダルを獲得出来ないんじゃないかと思っていた矢先だけに、喜びも大きかったと思います。それも、念願の金メダル獲得!!

日本が冬季オリンピックでメダルを獲得出来なかったのは、1976年開催の第12回インスブルック・オリンピック(オーストリア)で、今回のトリノでメダルが獲れなければ、30年ぶりのメダルなしのオリンピックになっていただけに、滑り込みでメダル獲得となったわけです。

日本がフィギュア・スケートで金メダルを獲ったということは、オリンピック史上初のことで、1992年に第16回アルベールビル・オリンピック(フランス)で伊藤みどり選手が獲った銀メダルに次ぐ、日本フィギュア・スケート2人目の快挙となりました。また、今までのオリンピックで優勝していたのは、欧米勢・・・荒川静香選手の優勝は、アジア勢では初!という功績を残すことに。

日本にとっても、荒川静香選手本人にとっても、喜びも一入といったところではないでしょうか。

それにしても、荒川静香選手のフィギュア人生は、起伏の激しい人生だったということを書いた記事を読み、僕はちょっと驚きました。彼女は、16歳で長野オリンピックに出場し13位になったが、その後低迷・・・前回の第19回ソルトレークシティー・オリンピック(アメリカ)では、代表落ちしています。華やかなフィギュア人生を送っていたのかと思っていただけに、こんな波瀾万丈なフィギュア人生を送ってきていただなんて思ってもいませんでした。

最も辛かった時期は昨シーズンで、2004年の世界選手権で女王になり、引退のつもりだったが、「次はオリンピックで金メダル」と期待され、流れに逆らえずに身を任せたが、そんなことなので練習も中途半端。1年後の世界選手権は惨敗してしまいました。そんな中での今回の金メダル・・・本当に嬉しかったでしょうね。新聞に載っていた彼女の笑顔が清々しく輝いて見えました。

新聞記事の小見出しに『「集大成」夢の舞』と載っていました。今回のトリノ・オリンピック終了後、荒川静香選手はプロに転向し、競技フィギュアから退くそうです。「試合で何番になりたいと考えたこともない。順位のつかないアイスショーで滑りたい」・・・これは荒川静香選手が発した言葉。

本当は2010年の第21回バンクーバー・オリンピック(カナダ)に向けて頑張って欲しいけど、彼女の選んだ道なのだから、見守ってあげたい。優勝おめでとう!・・・いろいろと苦しかっただろうけど、よく頑張ったと言ってあげたい。


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 4

ayaneko

ご訪問、ありがとうございました!
荒川選手。冷静に、自分と向き合って生きている気がして、とても好感が持てますよね。
by ayaneko (2006-02-26 12:46) 

masugi

荒川選手、あの冷静な表情の下に、自分自身と戦い続けてきた
強さが垣間見えて素敵ですよね。どんな未来を選ぼうとも、
頑張って欲しいなと思います(^-^)。
by masugi (2006-02-26 17:58) 

Yoshitaka

>いっしーさん 
そうですね。荒川静香選手のフィギュア・スケートの取り組みは、冷静に自分と向き合っている感じで、僕も好感が持てます。
荒川静香選手のイナバウアー、とっても綺麗で感動しました。4回転がとかく話題になりますが、荒川静香選手のような美しいイナバウアーはもっと評価されてもいいんじゃないかと思います。
by Yoshitaka (2006-02-28 03:29) 

Yoshitaka

>masugiさん 
同感です。また、荒川静香選手は、ちょっと見、キツイように見られがちですが、すごく繊細で、根が素直のような気がします。
どんな道に進もうとも、頑張って欲しいなと僕も思います。
by Yoshitaka (2006-02-28 03:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。